価値観を抱いている

出奔している少女には、通常どおりに暮らしを送っている子とはちょっと異なった価値観を抱いている子が多いとされています。
どのような価値観を持っているのかというと、・性行為を行う=大人・どんな人でも構わないから安らぎを手に入れたい・親(大人)の言われるがままになんてならない等が中心です。
取り分け「性行為を行う=大人」という価値観を抱いている子が奇妙にも多く、近頃の子は恋人同士でも即座に性行為を行なってしまう子が沢山いると聞きます。
実際に性行為を行う事は子供ではなくなる事ではあるのですが人気上昇中の出会い系はこちら、本質的な事は性行為を行なっただけでは変化はしないのです。
それに、どんな人に対してでも容易に肉体関係を受け入れて、性行為を行う振る舞いは、全然大人ではないのです。
このような、“見当違いをしている子”や、“ピント外れの価値観”を有している子が多いのが、出奔している少女です。
更に、出奔している少女は「バージン」である事を不名誉だと考えている子が多いのも実態としてあります。
友人がバージンを卒業したから自分も卒業したい、自分だけバージンなのは体裁が悪い事・・・そのような価値観で、どんな人でも気に留めず性行為を行なってしまうのが出奔している少女です。
いや、逆に出奔している少女に限らず、近頃の中高生は、性行為を行なっていない事が不名誉な事と考え、即座に性行為を行なってしまうのだと思います。
一般的に、しっかりとした価値観を抱いている子は、出奔を行う事は殆ど無いのです。
当然、出奔を行う子全員がピント外れという訳ではないのです。
ですが、出奔をして面識の無い男の人に肉体関係を承諾してしまう少女達は、やはりちょっとピント外れの価値観を持っていると定義されてもしょうがないと思います・・・。